「夏のプールや海での日焼け止め対策」 一覧

紫外線最強の季節到来!海もプールも思いっきり楽しめる日焼け止め対策

UVカットは無意味!?海やプールでの日焼け

真っ青の空の下、水面がキラキラと輝く海やプールで思い切り泳ぐのは、体も心もリフレッシュされていいものです。

ただし、問題ないのは強い日差しによる日焼け。

家に帰ってシャワーを浴びると、肌が真っ赤になっていることがよくわかります。
ヒリヒリしてきて洋服を着ると痛みを感じたり、焼きすぎてしまった場合には火傷のような症状になってしまうこともありますね。

そうなってしまうと日焼けの跡として残り、簡単には治りません。

そこで、海やプールに行く際には多くの人が活用するのが日焼け止め。

とはいえ、水や海水で落ちてしまうのではないか?強い日差しの中でも本当に効果があるのか、という疑問がわきます。

海でもプールでも強い紫外線を心配することなく楽しむためのUVケアについて話していきます。

水や海水だとUVクリームって無意味なの!?

ネットで水中や海水での日焼け止めについて調べると、「効果がない」という意見をよく見かけます。

様々な意見がありますが、「普通の日焼け止めは意味がない」、「水に強くない奴はダメ」、「すぐに取れる」などの意見が多いようです。
プールや海となると、普段使いのUVクリームでは効果がない、ということですね。

普段から日焼け対策を行っている方なら、誰でもわかりそうな話ですね。

普通のUVクリームは、普段の生活では効果があっても、水に浸かってしまうと流れてしまいます。

流れてしまえば、当然、効果はなくなり焼けてしまいます。

そこで、次に考えるのが紫外線に強いタイプのUVクリームです。

例えば、「SPF50・PA++++」という効果がトップクラスのモノ。

夏が近づくにつれて、ドラッグストアなどでもよく見かけるはずです。

そもそもSPFですが、これは紫外線B波をカットする時間を示したものです。
汗をかく量など、個人差はありますが、数値が上がるほど長い時間効果があることになります。

一方、PAというのは、紫外線A波をカットする効果を示しています。
紫外線A波は、シミなどの原因となります。
PAの+が多い方が効果は大きいという意味です。

この知識をふまえたうえで実際に売られている商品を見てみると、「SPF50・PA++++」という商品が最強な日焼け止めクリームとなっています。

しかし、これをもってしてもなおプールや海で泳いでしまうと、流れてしまって日焼けしてしまうことも少なくありません。

また、最強の日焼け止めは、それだけ効果も強いため肌への負担も無視できません。
まんべんなくしっかりと塗らないと意味がないので、普通に使用するだけでも肌がつっぱったり、毛穴にまで入り込んで取れずに詰まるなど、お肌に負担がかかります。

オーガニックのものなどなら別ですが、効果が強いものはどうしても化学成分が含まれていますので、仕方がないとも言えるのですが。

水に強いウォータープルーフならプールでも効果発揮!?

他の化粧品同様に、ウォータープルーフであれば、プールや海に入って泳いでも日焼け止めの効果は落ちずに安心して楽しめます。

耐水時間も長いものを使えば、それだけ紫外線を気にせず遊びに集中できます。

海やプールもこれさえあれば安心、と思いたいところですが、リスクも知っておくべきです。

ウォータープルーフは、水の中でも落ちずに効果があって、さらに長い時間塗り直すことなく効果があるものというメリットがあります。

これだけのメリットですから、当然、デメリットもあるのです。

それが肌への負担・・・。

耐水性とうことで、防水のための添加剤も使用されています。
他にも自然のものではない成分が含まれていることが多いため、お肌への影響を考えると疑問があります。

さらに、水に強いということは、洗顔で落としづらい、というデメリットもあります。
メイクを落とすような普段使っている洗顔フォームではきちんと落とせないでしょう。
そのため、ウォータープルーフ専用の洗顔剤を使用するなど、通常のメイク落としとは異なる方法をとる必要があります。

まんべんなく塗らないとUVカット効果がない

水に強い日焼け止めは耐水性ではない普通の日焼け止めクリームに比べてたらかなり頼りになるものです。

しかし、使用する量や方法を間違えてしまうとその効果は発揮されず部分的に焼けてしまったりします。

部分焼けをしてしまえば、余計に日焼け部分が目立ち、恥ずかしい思いをするケースもよくあります。

基本は、まんべんなく適量を塗ることです。

また、使用するモノによっても異なりますが、いくら水に強いと言ってもある程度水中に入って泳いだりして動いていれば落ちることも考えられます。

耐水時間を確認して、それよりも短い時間で塗り直した方が間違いありません。

海やプールでの最強の紫外線対策

プールや海に行くということは、ほとんどの方が水の中に入るはずです。
この場合の日焼け止め対策としては、耐水性のあるUVカットクリームを使用することが基本です。

また、使用方法をよく確認して、適量を塗り残すことなく使い切ることがポイントです。

ある程度の時間が経ったら、塗り直すことも必要です。
帰宅後は、耐水タイプが落とせる専用の洗顔で洗い流すことも重要です。
お肌に日焼け止めクリームが残ったままになると、肌トラブルの原因となります。

さらに、外側だけではなく、体の内側からUVケアをできる飲む日焼け止めもあります。

内外両方からケアすることで、より高い効果が期待できます。

なお、内部からケアするタイプのものは、洗顔の必要もないので、面倒なく使用ができます。

インストラクターや監視員でもない限り、海やプールに毎日行くようなことはないでしょうから、その時だけでもしっかり対策することをお勧めします。

カテゴリ一覧

サマーランドプールではウォータープルーフの日焼け止めが必須!

サマーランドプールに行く前に知って欲しいUVケア対策 数あるプールの中で、子連れで行くならサマーランドプールがオススメです。 夏の紫外線は子供にとっては相当危険です。 特に、プールでは、想像している以 ...

【よみうりランドプール】油性の日焼け止め禁止!紫外線対策はどうする?

よみうりランドのプールは子連れには最高!だけど日焼けが心配 子連れで行くなら、よみうりランドのプールは他の大きなプールよりも安心ができます。 というのも、そこで働くライフガードさんが偉大だからです。 ...

東武動物公園スーパープールで使える日焼け止めは水性のみ!焼かないための準備必須

毎年大混雑で人気の東武動物公園プール!行きたいけど日焼けが不安 埼玉県にある東武動物公園スーパープールはリピート率も高く、毎年大混雑する人気のプールです。 特に、お仕事がお休みとなるお盆になると、開園 ...

安くても信頼できるビオレのUVシリーズ!

種類が豊富なビオレのUVケア!必ずお気に入りが見つかる とにかく種類が豊富にあるのがビオレのUVケア商品。 1歳から使えるものから大人向けのものまでと幅広く展開していますね。 また、何よりありがたいの ...

水や汗に強いウォータープルーフサンスクリーンは絶対に焼けない?

ウォータープルーフだからと過信は禁物! 私は、日頃からボディボードをやっているので良く海に行きます。 そんな海慣れした私ですが、日差しが強くなる季節になると日焼け(特に鼻の頭と唇)に困っていました。 ...

プールで日焼け止めやメイクが落ちない方法!

女友だちや彼や好きな人とのプールデート、少しでもよく見せたいと思うのが女心ですね。 新しい水着も買って、完璧な自分で臨みたいところ。 けれど、海やプールでは水に濡れてしまいます。 どうせ落ちるのであれ ...

髪の生え際が真っ赤! 頭皮の日焼けはどうやって防ぐ?

紫外線は老化を進め白髪の原因となる 薄毛や白髪は男性だけの問題ではありません。 最近では女性でも悩みの一つになっています。 また、多くの方が抜け毛は遺伝の影響だとか年齢的な問題だと認識しています。 し ...

夏の紫外線対策に資生堂アネッサ!最も有効にUVカットする方法

ロングランヒットしているアネッサで美白を目指せ! 日焼け止めの代表作であるアネッサ! なぜここまで評判が良く、長年人気を取り続けているのか、不思議でもありますね。 それは、アネッサが毎年改良を続け、よ ...

プールの監視員が行っている紫外線・UVなど日焼け止め対策とは?

カンカン照りの下にいる監視員の日焼け事情 プールの監視員といえば、高校生のアルバイトや学生のアルバイトとして夏のイベント的な要素がある仕事です。 ですが、屋外プールとなれば、炎天下の日差しの中での監視 ...

日焼け止めクリームがプールで禁止!プールでのUVケア

学校のプール授業で日焼け止めが禁止に!?悩む親と学校 日焼け対策といえば、少し前までは美意識の高い女性や、日焼けで肌トラブルを起こしてしまう方だけの問題でした。 しかし、最近は違います。 紫外線による ...

Copyright© プールや海での日焼け止め対策 UVクリーム禁止でも紫外線対策はバッチリ! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.