夏のプールや海での日焼け止め対策

サマーランドプールではウォータープルーフの日焼け止めが必須!

投稿日:

サマーランドプールに行く前に知って欲しいUVケア対策

数あるプールの中で、子連れで行くならサマーランドプールがオススメです。

夏の紫外線は子供にとっては相当危険です。
特に、プールでは、想像している以上に厳しいものです。

大人、子供にかかわらず、夏のUVケアは当たり前のようにしているかもしれませんが、プールではもっとしっかりと行わなければいけません。

ここまで言うと、プールに行くのが怖くなるかと思いますが、暑い夏にはプールに遊びに行きたくなりますよね。

子供はプールが大好きですし、子供を連れて遊びに行きたいと思います。

しかし、多くのプールは日焼け止めの使用が禁止されています。

そこで、オススメなのがサマーランド。

日焼け止めの使用が禁止されていません。

充実した内容で、子供だけじゃなく大人もとても楽しめます。

しかも、サマーランドのプールは屋外だけでなく屋内プールもあります。

日焼けしたくない方にはもってこいの場所ですね。
小さいお子さんがいて日焼けを心配している方にもうれしい場所です。

しかし、屋内だから日焼けをしないと安心してはいけません。
もちろん、外のプールに比べたら紫外線の影響は受けません。
とはいえ、サマーランドの屋内プールの屋根は鉄筋などではありません。
自然光が入るような屋根です。
UV防止ガラスになっているかどうかも不明なので、油断は禁物です。

紫外線はガラスを通ります。
屋内だから大丈夫だと思って日焼け対策せずに遊んでいると、日焼けしてしまう可能性十分にあります。

屋内だからと安心せずに、しっかりと日焼け止めを塗りましょう。

また、仮に日焼け止めを塗ったとしても、水の中に入って遊んでいるうちに落ちてしまって紫外線カットの効き目がなくなる可能性もあります。

それに、一応、プールに入る前はシャワーを浴びることにもなっています。

その際に日焼け止めが流れてしまうことだって十分に考えられます。

そこで、サマーランドに行く際には、ウォータープルーフの日焼け止めを準備しましょう。

ウォータープルーフならシャワーを浴びても落ちる心配はありません。

とはいえ、水の中で長い時間遊んでいるとその効果も落ちてしまいますので、定期的に塗り直す必要はあります。

絶対に焼きたくない方は、塗り直すと言うことを忘れないでください。

目安としては、SPF50と効果の高いものでも、どうしてもプールで遊ぶことを考えると2時間程度で落ちてしまうでしょう。

少し面倒ですが、1時間に1回を目安とするといいでしょう。

さらに、どんなに塗り直してもウォータープルーフの日焼け止めであっても絶対だとはいえません。

サマーランドで思う存分遊んだ後は、しっかり保湿をすることが大切です。

夏の紫外線は強く、ただでさえお肌は乾燥してしまいます。
後々、シミなどに悩まないためにも、水分補給と肌に潤いを与えることはとっても重要です。

効果のある日焼け止めであっても、それを過信せずにできる対策はとことんしてください。

そして、日焼け止めは肌に大きな負担を与えるものもあります。
なるべく肌に優しいものを選ぶといいでしょう。

サマーランドの屋外プールを利用する際にはテントを忘れずに

サマーランドの屋外プールではテントの持ち込みができます。
屋内では禁止ですが、屋外は大丈夫なのです。

屋外で過ごす場合、休憩時に日陰があるかどうかは大きな違いがあります。

日焼け対策、熱中症対策や荷物置き場としても使えます。

オムツが外せていないお子さんがいる場合には、オムツ交換する場所や着替えたりする場合にも使えるので、何かと便利です。

3千円くらいで売っているようなものもあるので準備しておきましょう。

なお、タープテントなどの大きいものは禁止されているので、ドーム型の簡易テントを持参してください。

夏は大混雑となり、屋根付きの休憩所はすぐに満席となってしまうので、テント持参は必須でしょう。

サマーランドは子連れでも安心して利用出来るプール

サマーランドの魅力はたくさんありますが、お子さんを連れて初めて大きなプールへ行くなら一番オススメです。

園内には様々なサービスもあって授乳室やオムツ交換できる場所もあります。
わざわざ自宅でミルクを作っていかなくても園内で作れますし、オムツを捨てられるので、汚れたオムツを持ち帰る必要がありません。

園内のお店では、紙おむつやプール用のオムツも売っているので、忘れても買うことができます。

また、多くの監視員も見守ってくれています。
幼児用のプールももありますし、子供が大好きなスライダーもあります。

何より、これだけ大きな施設で日焼け止めが利用出来る場所はそうありません。

子供の日焼けが気になる方にはオススメの場所です。
もちろん、大人も同じです。

水が汚れるなどの理由で油性の日焼け止めが禁止されているケースが多いのですが、ここではプールに入る前にシャワーを浴びれば、油性であっても問題ありません。

耐水性の高い日焼け止めを準備していけば、シャワーくらいでは落ちませんので日焼けの心配なくプールを楽しむことができます。

-夏のプールや海での日焼け止め対策

Copyright© プールや海での日焼け止め対策 UVクリーム禁止でも紫外線対策はバッチリ! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.