夏のプールや海での日焼け止め対策

髪の生え際が真っ赤! 頭皮の日焼けはどうやって防ぐ?

投稿日:

紫外線は老化を進め白髪の原因となる

薄毛や白髪は男性だけの問題ではありません。
最近では女性でも悩みの一つになっています。

また、多くの方が抜け毛は遺伝の影響だとか年齢的な問題だと認識しています。

しかし、思わぬ原因が影響しているのです。
それが、頭皮の日焼けです。

体や顔と同様に、頭皮も紫外線の影響で日焼けします。

多くの方が一度くらいは生え際が赤くなったり、日焼けによって皮がむけた経験をお持ちでしょう。

頭は自分では見えませんし、日焼けしても体ほど痛みがあるわけではありませんので、それほど気にもしないと思いますが、頭皮が日焼けすると抜け毛や白髪の原因となります。

髪の毛のメカニズムを少し説明しますが、生まれたばかりの時というのは実はみんな白髪なのです。

その後、頭皮内にある色素細胞がメラニンを作ることで色が付いてきます。

逆に、年齢を重ねると、メラニンを作る細胞が乾きなどでなくなってくることで色がつかなくなるのです。

加齢以外にも薬の影響や肉体疲労、ストレスなども細胞に影響を与えます。
よく、「ストレスから白髪が増えた」ということを聞きますよね。

その言葉は正しい認識です。

その証拠に、ストレスがなくなると白髪は減り、元の姿に戻った人も多くいます。

しかし、老化で色素幹細胞がなくなってしまうと、ノンストレスの状況でも色が戻ることはありません。

白髪になりたくなければ、老化は致命傷というわけです。

そして、年齢以外で老化を進めるのが紫外線です。

お肌の老化も紫外線による影響が高いと言われていますが、頭皮に関しても同様です。

人間の体の中で一番太陽に近い部分となるのが頭です。
しかも分け目やつむじは上に向いているため、日光に直接当たるため、他の部分よりも紫外線を浴びる量は大きい場所です。

何もせずに放っておくと、老化は進み、後々になって白髪となってしまいます。

若白髪なんて言い方もしますが、紫外線による影響で老化が進み白髪になっているならば、元には戻らず白髪が増え続けてしまいます。

年に何度も白髪染めをしたりするのは面倒ですね。
年齢よりも老けた印象を与えてしまうのも嫌ですよね。

そうなる前に、頭皮のUVケアもするべきです!

頭皮用の日焼け止めとは?スプレータイプを活用する

体や顔に使う日焼け止めにも、様々なタイプがあります。
誰もが知るクリームタイプやジェルタイプ、体や顔には利用できますが、それでは頭皮には使用できませんね。

そこで、役立つのがスプレータイプ。
手を汚すことなく利用できるのが便利ですが、なんと頭皮にも使えます。

しかも、都合が良いと言ってはなんですが、スプレータイプには紫外線吸収剤が使用されているものばかり。

頭皮もかなり汗をかく部分ですので、汗で流れ落ちにくく、しっかりと地肌を守ってくれます。

ただし、水や汗に強くても、どうしても皮脂によって効果が下がります。
3時間に一度は塗り直してください。

また、紫外線吸収剤は肌に刺激を与えてしまいますので、肌が弱い方は様子を見ながらの使用をお勧めします。

頭皮や髪の毛を紫外線から守る為だけに作られた専用のものもあります。

違和感なく使えるものを選ぶといいでしょう。

なお、最近の日焼け止めは専用クレンジグ不要のタイプが多いので、頭皮に使うものも石鹸やシャンプーだけで落とせるものを選んでください。

洗い流す際の注意ですが、シャンプーはいつもよりよく泡立ててください。
強くこする必要はありませんが、泡で包み込むように洗えばきれいに落とせます。

日焼け止め以外の頭皮の日焼け対策

自分にあう日焼け止めがないとか、UVスプレーでも頭皮かけるのは抵抗があるという方は、別の対策をしましょう。

幾つか紹介しますので、ぜひやってみてください。

まずは、一番単純で簡単にできる方法、「分け目を変える」ことです。
意外と、一度決めたらずっと髪の分け目が同じところの人も少なくありません。

特に女性の方は、分け目がくっきりつくほど同じ場所の人も多くいます。

常に同じ場所ということは、常に同じ部分が日焼けして肌に負担がかかっていることになります。

右から左に変えて一気にイメチェンするのもいいですが、今の分け目を少しずらす程度でも効果があります。

なるべく同じ場所に負担をかけさえしないように工夫してみてください。

次に、帽子や日傘を利用する方法です。

UV防止機能が付いている帽子や日傘も多く出ています。

すでに薄毛の方はこの方法が効果的です。

老化を進めないように日光が直接あたるのを物理的な方法で対処しましょう。

ただし、帽子は汗で蒸れて菌が繁殖しやすくなります。

長時間外にいる場合は替えの帽子を用意するようにしてください。
また、なるべく毎日洗濯をして、清潔な状態の帽子を利用しましょう。

なお、雨や曇りの日でも紫外線はあります。
油断せずに頭皮をケアしてあげることで、白髪や抜け毛の進行がおさまったりゆっくりとなります。

頭皮についても、顔と同様に考えて紫外線から守るようにしましょう。

-夏のプールや海での日焼け止め対策

Copyright© プールや海での日焼け止め対策 UVクリーム禁止でも紫外線対策はバッチリ! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.