プールや海・水や汗でも落ちない!塗る場所を選ばない抜群の日焼け止め対策

今や日焼け止め対策は、どの年代の女性にとっても永遠に続く果てしないテーマになっています。

なかなか自分に合うUVクリームが見つからない。
肌の弱い赤ちゃんや子供でも安心して使える日焼け止めクリームを知りたい。
どんな季節でも美白ケアを徹底したい。
数年後に紫外線によるシミやそばかすに苦労したくない。
炎天下のプールや海でも日焼けせずに楽しみたい。

1年を通して美白を徹底している方もいれば、紫外線が強い時期になれば少なからず日焼けを気にして対策している方は多くいます。

最近では、男性も美白を目指す方が増加しています。
UVケアや美白化粧品を使う男性も定着しつつあります。

みなさん、期待を込めて様々な日焼け止め商品を使っていることでしょう。

しかし、毎年のように数多く日焼け止め商品が出ている中、一体どれが最も効果があるのか・・・、と悩む方は少なくありません。

そこで、炎天下、日差しの強いビーチやプール、グアムやハワイなどの海外旅行、どんな場所でも安心して出かけることができる日焼け止め対策を紹介します。

水や汗、海水でも落ちる心配がない!塗る必要のない日焼け止め対策!

場所を選ばず使える、「飲む日焼け止め対策」をご存知ですか?

日差しが強い海やプール、どんな場所でも塗りなおすことなく、目一杯に外出や遊びを楽しむことができるようになりました。

プールでの日焼け止めといえば、アネッサ!とか、ウォータープルーフの下地やファンデーション、濡れても落ちない日焼け止めクリームなどが主流でしたね。

部活動やサークル、趣味のテニスやアウトドア活動で、大量の汗でクリームが取れやすい方も濡れても落ちないものを使用していたことでしょう。

しかし、これらが絶対的なものではありません。

これまで使用していたクリームやオイルなどの塗るタイプの紫外線対策は、日常生活であればそれなりの効果があります。

ですが、プールや海といった水の中に入ってしまったり、大量の汗をかけばその効果は一気に下がります。

水でも落ちないクリームやジェルも同様です。

海やプールでは、水から出るたびに何度も塗り直す方をよく見かけます。

スポーツの休憩時間に顔を洗い、クリームを塗り直す姿もよく見受けられます。

飲む日焼け止め対策なら、塗り直すという面倒は必要ないのです。

ただ「飲む」だけ。
それだけです!

コツコツと毎日全身に塗る必要もありません。
面倒臭がりの方でも、飲むだけですから、誰でも簡単に1年中できるUVケアです!

また、オイルやクリームでおこなう日焼け止め対策は、汗をかいたりすると嫌な臭いや独特の臭いが出ることも・・・。

クリームを落とすにも、メイク落としや洗顔フォームを使ってしっかり洗い流す必要がありました。

炎天下や海、プールなどの紫外線が強い場所では、SPF50などの紫外線カットの効果が高い強めのUVクリームが外せないため、丁寧な洗顔も必要でした。

皮膚が弱い方にしてみれば、「肌荒れの原因になっても仕方なく使用していた」という方も少なくありません。

飲む日焼け止めなら、そんなこれまでの苦労や心配も必要なくなります。

すでにご存知の方も多くいるかもしれませんが、今後、さらに注目を集めるでしょう。

今まで防げなかった日焼けもケアできる!紫外線から全身を守れる

飲む日焼け止め対策は、全身ケアという意味でもオススメです。
塗るのではなく飲む対策のため、これまで塗れなかった部分もケアできます。

極端にいえば、手のひらや足の裏、目の中まで。

塗りづらかった髪の毛の分かれ目や頭皮など、髪の毛まで全てケアできます。

また、日常的に日焼け止め対策をしている方の中に、手や顔など太陽に当たる部分だけケアしている方がいます。

実は、それでは完璧なケアにはなっていません。

紫外線は、洋服の上からでも透過してきます。

知らないうちに洋服で隠れている部分も焼けているのです。

だからと言って、洋服で隠れる部分まで毎日塗るというのは美白意識が高い方でも面倒ですね。

しかし、飲むUV対策なら大丈夫です。
体内から紫外線対策をしますので、全身をくまなくケアすることができるのです。

飲む日焼け止めは誰でも使えるの!?成分や効果について

飲む日焼け止めは、UVケアに効果のある成分を飲んで「体内から紫外線対策をする」というものです。

その紫外線対策として含まれている成分は、「ニュートロックサン」と言われる成分です。

初めて聞く方には、ニュートロックスサン?なんの成分?といったところでしょう。

これは飲む日焼け止めに含まれている主な成分で、日焼けに効果のある成分です。

ニュートロックサンの主な原料は、「シトラスの果実」と「ローズマリーの葉」。

商品によっては、他の原料も含めてニュートロックサンと言いますが、基本的にはシトラス成分(グレープフルーツ)とハーブ成分(ローズマリー)です。

それぞれに日焼け止め効果があり、とても注目されています。

そして、この2つのから抽出した成分を配合したものを「ニュートロックサン」と言います。

現在国内で販売されている飲む日焼け止めには、この2つの成分が主に含まれていて、体内で紫外線対策をしてくれます。

また、飲んで体内に入れる日焼け止めですから、副作用なども気になりますね。

その点、飲む日焼け止めは、天然の素材(グレープフルールやハーブ)から抽出した成分を加工し、天然由来の成分として食品として位置付けられています。

体内に入れても問題はなく、副作用の報告もされていません。

子どもの服用に関しても、特に問題はありません。

ただし、体の発達が著しい新生児や幼児には、「成長への影響がある」という意見も出ていることから、控えるべきです。

年齢的に服用をオススメできるのは、小学生からが適当です。

また、天然素材を主にしているとはいえ、錠剤にしたりカプセルにするために化合物も含まれています。

妊娠中の服用は体内への赤ちゃんへの影響も考えられることから、やめてください。

授乳中も、控えることをお勧めします。

なお、飲めない期間に関しては、これまで通り日焼け止めクリームやジェルなどを使用して対処しましょう。

健康や美容に欠かせない成分も補える!一石二鳥の優れもの

主成分として配合されるニュートロックサン以外にも、飲む日焼け止めには美容効果のある成分が含まれています。

例えば、リコピンや植物プラセンタ、ざくろエキスなど。

お肌の美容や美白に効果がある成分が配合されているので、しっかりと美容対策もできます。

美容サプリを飲んでいる方にとっては、今後はお手軽に美容効果と美白対策ができる一石二鳥の優れものです。

なお、飲む日焼け止めの種類によっては、ゼラチン、エビ、カニ、大豆や麦なども含まれている場合もあります。

アレルギーをお持ちの方はよく確認してから使用してください。

日焼け後にケアしても意味がない!絶対に焼きたくない方は日焼け前に対策を

「日焼けしてからでも美白化粧品があるから大丈夫」

美白化粧品や美白に特化した化粧水などが出ていますので、そう思うのも仕方ありません。

しかし、大きな勘違いです!

どれも日焼け後の肌を白くしてくれるものではありません。

紫外線を浴びることによってメラニンというのが作られますが、これが肌を黒くしたりシミやソバカスとなる原因で、まさに美白の敵です。

化粧水や美容液に含まれる美白成分は、このシミそばかすの原因となる「メラニンを消す」という働きはしてくれません。

メラニンを作るのを邪魔するだけなんです。

つまり、日焼けで黒くなりたくない、焼きたくない、シミやそばかすを作りたくないなら、紫外線を浴びる前に美白ケアを行う必要があります。

投稿日:

Copyright© プールや海での日焼け止め対策 UVクリーム禁止でも紫外線対策はバッチリ! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.